小湊鉄道の里山トロッコ列車に乗ってきた、菜の花と桜の咲く最高のロケーションでした

小湊鉄道の名物列車、里山トロッコ列車乗ってきました。

桜が散り始めた4月1日、最後のチャンスということで行ってきました😀

結果的に菜の花と桜の咲く最高のロケーションでしたよ。

予約の方法

早速紹介するよ。

里山トロッコ列車についてはこちらのページから予約できます。

里山トロッコのページ:http://www.kominato.co.jp/satoyamatorocco/

予約しなくても、当日空きがあれば、乗れるんですが、予約したほうが無難です。

30日前から2日前の16時まで予約可能です。

ちなみに、今回は4月1日乗車分を3月30日のお昼に予約しました(笑)

上総牛久駅から養老渓谷駅までの下り分は取れましたが、上り分は取れませんでした。

さすがにいっぱいでしたね〜。

当日

里山トロッコ列車は、上総牛久駅と養老渓谷駅の間を走る列車です。

ですので、何らかの形で上総牛久駅まで行く必要があります。

今回は車で向かいました。

何と、上総牛久駅のそばの駐車場は、何と1日200円なんです。

素晴らしい!

ただ、人気でぼくが行った時は何とちょうど1台だけ空きがありました。

危なかった、ふー。

上総牛久駅

上総牛久駅に着いたら、トロッコ整理券と乗車券を買う必要があります。

HPでは予約のみで料金の支払いはできません。

ですので、トロッコ整理券と乗車券を購入する必要があります。

トロッコ整理券

乗車券(乗車券は往復切符にしました

トロッコ列車の内装は桜仕様となっていました。

ちなみに、進行方向の左側に座ったほうがいいです。

各駅の写真を撮るなら大体左側なので、撮影しやすいです。

そこは失敗してしまって、右側に座ってしまい、あまり駅の写真は取れませんでした、とほほ

そんな右側でも、景色は素晴らしいんですけどね。

そこから見える景色は、ザ 里山 そのものです。

途中で停車した里見駅では、喜動房倶楽部のみなさんが飲み物を販売してました。

遅い時間だったので、食べ物は売り切れでしたね。

里見駅

販売の様子

終点 養老渓谷駅

里見駅を出発し、月崎駅に止まった後、終点の養老渓谷の駅です。

養老渓谷駅

さあ、帰りの列車に乗るために並ぶぞ、と思ったら、何と長い行列が。。。

そして、トロッコ列車は売り切れましたのラベルが出てました。

残念、甘くはありませんでした・・・

さらに、何と、次の列車は何と1時間半後とのこと。

養老渓谷駅での時間つぶし

仕方がないので、時間つぶしをするために、養老渓谷の駅周辺を歩いて回りました。

まずは、知る人ぞ知る名所、石神の不動滝

ここ大体歩いて10分くらいのところにあります

 

次に石神の名の花畑。

もう、圧巻の風景が広がっています。

列車の中からも見れるんですが、ゆっくり見れるので歩いて見るのがいいです!

ここは歩いて駅から20分くらいのところです。

滝と菜の花畑を見て帰ってくると、30分から40分くらい。

 

駅に帰ると、写真はないですが、何と足湯があるんです。

小湊の列車を乗る人は無料なので、足湯に浸かりながらゆっくり待つのがいいです。

そして、帰りはトロッコではなく普通の列車でした。

まとめ

トロッコに乗るなら事前予約は必須。しかも早めにね。

でも、養老渓谷駅はそこそこ時間は潰せます。

桜はもう散ってしまったと思いますが、菜の花はもう少し咲いていると

思いますし、これから新緑の季節でこの時期のトロッコ列車もオススメですよ。

里山のよさが一番出る季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です