#アートいちはら2018春 行ってきました!

市原市の南部地域で行われているアートいちはら2018春 行ってきました。

天気もいいなか、気持ちよく回ることができました。

明後日5月6日までやってますので、GWにアートで癒やされるのもいいですよ〜

アートいちはら2018春に行く場合は事前に予習をしていくのがオススメ!

また、ワークショップも5日、6日が多い印象です。

さて、本日回ったところを紹介します。

アートハウス あそうばらの谷

伊藤隆道「光と動き・宇宙」は、2017年12月~2018年3月まで、資生堂 銀座ビル1Fショーウィンドウに展示された作品だそうです。
古民家と非常によく合っていたと思います。

なお、10時過ぎでまだ早かったので、寄りませんでしたが、となりには「おもいでの家」で食堂もやってました。

いちはらクオードの森

左側の作品は小沢敦志さんの『地熱の扉』です

右側の作品は栗田宏武さんの「田舎暮らし 陽だまりの庭にて」です

月崎駅

森ラジオステーションです。

5日と6日にワークショップ「木村崇人と森ラジオを食べる」をやるそうです。

参加してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、月崎駅にはかわいいボンネットバスも走っています。月崎駅ークオードの森ーチバニアンを回って1周約30分です。
内装も木製で雰囲気がありますよ。
なお、午前中は混むようなので、夕方の時間帯がオススメ。

旧里見小学校

前田麻里×坂口理子×マサオプション「時速30㎞の銀河の旅」です。
作品を懐中電灯で照らすと新しい線などが出て来る仕掛けになっています。

さらに、里山食堂もやってましたよ。

里山食堂では里山カレーをいただきました。

なお、5月6日は大人気のおむすびのための運動会が開催予定です。

月出工舎

国際交流展の「コンニチハ メキシコ×月出」を開催していました。

また、1階はカフェTSUKIDEYAがやってましたよ。

その前に旧里見小学校でカレーを頂いていたので、プリントコーヒーのセットを頂きました。

おいしかったですよ。

今日はいけませんんでしたが、他にも市原湖畔美術館牛久駅前内田未来楽校などもあります。

なお、twitterで #アートいちはら2018春 でもいろいろと情報が見られるのでこちらも事前に見ておくこをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です