マイナンバーカードの電子証明書の更新をしてきました

先日マイナンバーカードの電子証明書の更新をしてきました。

マイナンバーカードの有効期限は取得してから10年なんですが、電子証明書の有効期限は5年なんです。(ここも分かりづらいところだよね)

うっかりしてましたが、通知が届いたのでなんとか忘れずに行ってきました。

マイナンバーカードの電子証明書と言われても何かよくわからないと思うので今日は電子証明書について解説します。

まず、マイナンバーカードですが、これはご存知だと思います。

自分のマイナンバー(個人番号)が書かれたカードのことです。

世の中的には、マイナンバーばかりがクローズアップされていますが、実は電子証明書のほうが大事だと思ってます。(というか絶対そうです)

先にリンクで紹介したサイトに書かれているように、実は電子申請等ができるようになってますが、これを実現するのも電子証明書なんです。

少々分かりづらいですが、総務省にある画像を引用します。

(総務省のページより引用)

この図を見てわかるように、マイナンバーカードには2つの電子証明書が内蔵されています。署名用電子証明書利用者証明用電子証明書の2つです。

簡単に説明すると

 ・署名用電子証明書  =    ハンコの代わりになるもの

 ・利用者証明用電子証明書 =  ログインした人が誰かを証明するもの

です。

先日、コロナ騒ぎの真っ最中のころ、首相が脱はんこを指示したのがニュースになってました。

どうやって、脱はんこを実現させるのか、それはこのマイナンバーカードの電子証明書を使うようです。

例の10万円の給付金のオンライン申請もこの電子証明書によるものでした。

つまり、これから電子証明書はこれからのオンライン手続きの切り札とも言えます。

マイナンバーカードの電子証明書の更新を忘れずに。

また、マイナンバーカードを持ってない人は持っておいたほうがいいと思いますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です