公務員ってなんだ? 熊谷俊人

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)

選挙期間なので、政治的な話をたまには。
作者は言わずと知れた千葉市の市長です。
2009年に初当選し、2012年に出版された本なので、市長となって何年か経って書かれた本です。
公務員の現状と千葉市で市長として何をやってきたかについてふれています.

公務員について書かれた本は大抵批判的な本が多く、意見が偏っていて素直に読めないことがほとんどなのですが、この本はそうではなく、冷静に公務員の現状を分析し、あるべき論を述べられています。
批判すべき点は批判し、認めるべき点は認めるという意味で非常にバランスが取れています。
また、第1章で公務員の能力について語られているんですが、視点が的確なのと随所にわかりやすい例えを用いられていて、思わず納得させられます。

しかも、対立候補だった副市長に市政に残ってもらうように慰留する、そういうしたたかさもあります。
どうして慰留したかについても説明していて、本当に隙がないという印象です。
どうしたらこんな31歳になれるんでしょう?!(今は39歳です)

ともかく、公務員であれば読むべき本ですし、公務員でなくとも地方行政についてわかりやすく書かれていますので、政治について考えるきっかけになる本だと思います。

ちなみに、作者はtwitterをやられていて、毎日のようにツイートしていて、しかも中々考えさせられる内容ですので、こちらもおすすめです。
https://twitter.com/kumagai_chiba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。