思わず一気読みした「アイデアは敵の中にある」

この本面白かった!思わず一気読みしてしまった。

ほんと面白かった!

 
すごいんです。
 
 
根津さんはトヨタの社員でデザイナーとして社会人をスタートして
 
その後、独立デザイン会社を立ち上げるんです。
 
トヨタでまずデザインしたのが、2005年の愛・地球博の
 
トヨタのデザインがーi-unitなんです。
 

i-unit

もう、近未来感満載ですよねー

この後に独立して作ってものがすごいんです。

ゼクウ

まずは、電動バイクのゼクウ

もうかっこいい、まるで仮面ライダーのバイクみたい!

走っているところもいいんですね〜

このバイクはなんとドバイ警察のバイクとして採用されます。

まあ、ドバイっぽい雰囲気はありますからね 

アストラルスター

さらに、タミヤと組んで作ったミニ四駆アストラルスター

これもやっぱりかっこいい

ここまではかっこいい車なんですが、かわいい車も作っている。

カマッテ

古巣トヨタとタイアップして作ったカマッテ

この車は子どもも運転できるがコンセプト。

もちろん、公道は乗れませんが、子どもでも運転できちゃう

リモノ

そして、最後がリモノ

リモノは乗り物からNOをとって前向きな要素だけにしたのがコンセプト!

通常の車の4分の一の大きさでそんなにスピードも出ないそうです。

しかも、布製で人に当たっても大丈夫になっている。

他にもたくさん作っているそうですが、こんな魅力的なモノの制作過程の

裏側を事細かに書いているので、もう面白くないわけがない。

最後に

最近、最強のチームで仕事ができたらなとよく思うんですね

自分が最強のメンバーにはいるかどうかは別として  

気持ちだけは前向きなメンバーだけで仕事が

できたらもっと色々できるのになってよく思ってます。

まあ、当然ながらね、自分が社長でもなければ、

人事権があるわけもなく、自分が選んだメンバーで仕事している

わけじゃあないんで、あきらめてたんだけど、この本は違うの。

敵、つまり自分と合わない人、否定的な人、そういう人の中にこそ

アイデアが眠っていると言うんです。

コミュニケーションで敵も取り込んで行くんですと言っていて

色々考えさせられました。

でも、たしかに自分は周りへのリスペクトが足りなかったかもと

ちょっと反省しました。

作者ほどでもなくても、相手に対してリスペクトの気持ちを

持っていこう、そんなことを考えさせられました。

いやあ、なんかとっても前向きになりましたね。

次もまた同じ根津さんの本を読もうっと!