任せ方の教科書 出口治明

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書  「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)

部下に限らず、人に何かをやってもらうって難しいですよね。
大丈夫な時は全然大丈夫ですが、ダメな時は全然ダメ。
相性の問題もあるのかホントに難しいです。

この本を読んだのは、部下とまではいかないけど、自分が年次が上にだんだんなってきて、後輩とか多くなって、色々と悩んでいた時です。
昔の人の場合は、下が言うこと聞かないと、通常は怒るとか、叱るとかの一辺倒だと思うんですが、この作者はなかなか柔軟です。
作者もかなり昔の人ですが、さすがに新しい生命保険会社を立ち上げるだけのことはあります。
人と違う視点を持っているからこそ成功したのでしょうけど。

報連相は上司から部下に対してすべき、部下の短所は放っておく、攻めが得意な部下には攻めだけをさせるなど、ユニークな視点満載です。

あと、初めて読んだ時と最近読み直した時とでは、微妙に気になっている点が変わっていて面白かったです。(kindleだとラインを入れておけるので)
知らないうちに自分の考え方が変わってるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。