屍人荘の殺人 今村昌弘

[amazonjs asin=”4488025552″ locale=”JP” title=”屍人荘の殺人”]

内容が衝撃的です。
はじめの方に、何と紫湛荘という屋敷の見取り図が出てきます。

屋敷の見取り図といえば、本格的な推理小説、しかも綾辻行人のような館ものだと思いました。
ところが、です。
途中から予想を裏切って、何と〇〇〇ものに変わります。
○〇〇の部分はあえて明かしません、ネタバレになりますんで。
そして、さらに、驚くべきことに主人公とペアを組んでいた探偵役が何と序盤早々に○〇〇にやられてしまうんです。
何という展開でしょう!

そういうはちゃめちゃな展開なのに、何とミステリーの要素もあるという信じられない作品です。
完全に裏をかかれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。