美しくも静かで純粋な小説「羊と鋼の森」

本屋大賞シリーズ!

2016年の本屋大賞。

 

主人公の外村が高校時代にあるピアノ調律師の技術に触れ、

調律師にあこがれ、一人前の調律師を目指す話。

主人公が調律をなかなかうまくできず思い悩む。

それに対して同僚たちが暖かく見守る。

 

時にはアドバイスを与え、

時には手を差し伸べる。

 

主人公の調律に対する純粋な姿勢。

それを支える暖かい同僚たちと

お客様との静かな交流。

 

美しくも静かで純粋な小説、それがこの本。

俗世の垢を落として、ピュアな心を取り戻したい、

そう思った時に読む小説です。

ちなみに、映画が6月8日に公開。

果たしてどんな映画になるのか楽しみ!