元smap3人の新たな決意表明の映画「クソ野郎と美しき世界」

やっと観てこれました。

4月6日から2週間限定、野郎にかけて86館限定の

映画「クソ野郎と美しき世界」

自宅近くの映画館ではやってなかったのでエイコラと

かなり遠くまで遠征しましたよ。

4編の短編からなっている。
第1章が「ピアニストを撃つな」で稲垣吾郎が主演
第2章が「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」で香取慎吾が主演
第3章が「光へ、航る」で草彅剛が主演
そして最後の第4章が「新しい詩」でまとめのような短編。
正直内容は面白いかというと、ちょっと微妙。
何というか、昔よく観たB級映画のような感じ。
それを豪華監督と豪華キャストで贅沢に製作している。
ただ、 元smapの3人のこれからの決意表明のように感じた。
作り手側が作りたいものを作る、それを徹底していたかな。
そして、今回はSNSの拡散がうまく行った映画じゃないかなと。
86館、2週間の限定でありながら、動員数は何と28万人越え!
これも、SNSでうまくバズらせることができたんでしょう。
ちなみに、印象でしかないけど、平日ということもあったと思うけど、
女性が9割ぐらい。うーんすごい。
スクリーンショット 2018 04 20 21 32 58
今の芸能事務所のやり方に穴をあける意味でも
3人は是非頑張ってもらいたいんだよね。
これからの3人の活躍は注視していきたい。
ちなみに最終日の19日の24時は8分6秒の
ライブ中継がありました。

3人の自由な感じがいいね。